脳梗塞の症状で早期発見しよう|早めの発見が大切

代表的な脳の疾患

診察室

脳の疾患には脳梗塞があります。初期状態ではほとんど症状が現れないですので、1年に1回は検査をして、なるべく早い段階で見つけるようにします。また、特徴の1つに生活習慣が関わっている事が言えます。日ごろ食事や運動の積み重ねで発症してしまう可能性が変わってきます。

More Detail

発症する仕組み

悩む男性

脳梗塞は何らかの原因で血管が詰まったり細くなる病気ですが、薬物治療を中心に必要であれば外科手術を行えば回復します。再発しやすい病気なので、薬物療法とともに日々の食事を改善して定期的な検診を受ける必要があります。

More Detail

血管の詰まりに注意

看護師

脳梗塞になりやすい方は、糖尿病、高血圧、片寄った食事、運動不足で血流の悪い方などが危険です。脳梗塞にならないように普段から気をつかうことが重要です。食生活や生活習慣の見直しをしましょう。前触れがありましたら病院へ行きましょう。

More Detail

Copyright © 2016 脳梗塞の症状で早期発見しよう|早めの発見が大切 All Rights Reserved.